« 初日記☆ | トップページ | 油断大敵 »

2006年3月27日 (月)

ラブストーリーは突然に

彼氏サンとは高校が一緒

でも高校時代は話すことはほとんど無く、
クラスも違い、
選択科目もカブらず、
しかも女子とはあんまり話さないタイプで、
全然接点無かったんだけど、
アタシは密かに
カッコいい人だなぁと注目していた。
(なぜ「密か」というと、友達に言うと微妙な顔されたから…要するにモノズキ?)

でも好きな人というより
憧れの人という感じで、
見てるだけで十分だった。
影からキャーキャー言ってるだけの存在。


だけど、高校を卒業してチョットたったある日、
友達同士の集まりに珍しく彼がいて、
その帰りに何と、彼から告白が…!!


まさに、
棚からぼた餅!?
鴨がネギをしょってくる!?
犬も歩けば棒にあたる!!??



一応、ボーリングとかやたらペアになったり、席とか隣だったりして、今思えば変な雰囲気だったな(^^;

思いもがけない告白に頭が真っ白になった私は
気がついたらOKを…
(オイ)


そんな感じで、
お友達から、とか吹っ飛ばして、
憧れの人がいきなり恋人になってしまったアタシは、
いや~、もう何をするにも毎日が緊張だったゎ(-_-;

メールを返すにもぜーぜーはーはーしたりして、
お出かけの際の全身チェックは入念にしたし、
手をつなぐにも汗ばんでないか細心の注意を払ったり、
デートの食事にラーメンなんてもってのほか!!

う~ん、初々しい♪


それが今となっては、
硬派・がたい(筋肉質)・スポーツ万能という彼の印象は
ムッツリスケベ・ぽっちゃり(肥満?)・ひきこもりへと変化し、、
毎日の便の調子も伝え、
鼻毛も切ってあげたり、
ワキ毛を見せたり、
オナラさえも…



そんな日々が楽しくもあり、
悲しくもある今日この頃☆

|

« 初日記☆ | トップページ | 油断大敵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初日記☆ | トップページ | 油断大敵 »